借地権とは

「借地権」という言葉を聞いたことはありますか?
中には、物件探しの最中に見聞きした方もいるのではないでしょうか。
この言葉は文字通り「土地を借りる権利」を意味していますが、これが住宅の購入などにおいてコストを大きく左右する重要なキーワードとなってきます。


例えば住宅を検討している時に「借地権付き」と書かれた住宅を目にすることもあるかもしれませんが、借りるのは嫌だと敬遠する必要はありません。
というのは、借りるのはあくまで「土地」であって、「家」は自身の所有物となるからです。
そのためいくら改築しても何も問題はなく、土地と同時に家を購入することとさして状況は変わらないのです。
そして土地は買うのではなく借りるのでその分コストを抑えることも可能で、これが住宅購入において借地権がもたらすメリットといえます。


借地権という言葉は一見堅苦しくあまり馴染み深いものとはいえないでしょうが、住宅購入といったような生活の転機において大きな恩恵をもたらしてくれます。
一概に借地権といっても複数の種類があり、また旧借地法と新借地法のどちらに基づく権利かでその内容も大きく変わってきます。


例えば建物所有を目的としている借地権には「地上権」と「貸借権」があります。
地上権に基づいている土地上の建造物は第三者への売却などの取引が可能である一方、貸借権の場合にはこのような取引において土地所有者すなわち地主の許可が必要となります。
そのほかの違いや各借地権について、これから触れていきます。


▽Special Link
借地権付きの住宅、不動産を売却したい時に無料で相談に乗ってくれるサイトです ⇒ 借地権 売却

Copyright © 2014 「借地権」ってなに? All Rights Reserved.